あさひクリニック
ガン細胞とは?
ビタミンCとガン治療の歴史
フコイダンとガン治療の歴史
高濃度ビタミンC点滴療法の可能性
当クリニックのガン治療
料金表
クリニック概要

 

 

新しいガン治療、あります。

注目のガン治療法 アップアンダー療法(高濃度ビタミンC点滴とフコイダン療法)

2005年、アメリカ国立衛生研究所国立がんセンターの科学者たちが
「超高濃度ビタミンC点滴療法」を試験し、約30年前にポーリング博士が唱えた
「ビタミンCは選択的に癌細胞を殺す」との理論を再確認しました。

 

現在アメリカで約1万人の医師が、
日本では約100人の医師たちがアップアンダー療法(超高濃度ビタミンC点滴療法)を始めています。

「超高濃度ビタミンC点滴療法」は古くからあったにも関わらず、日本ではまだ新しい治療法と言えます。
ビタミンCは通常、副作用も無く安全であるため、一般のクリニックレベルで行える最先端のガン治療のひとつとなっています。

メニュー

ガン細胞とは?
ビタミンCとガン治療の歴史
 
フコイダンとガン治療の歴史
アップアンダー療法・高濃度ビタミンC点滴療法とフコイダン療法の可能性
 
当クリニックのガン治療
あさひクリニックWEBサイトへ